異業種交流パーティー、異業種交流会のエクシオ倶楽部

異業種交流パーティーお役立ち情報

好感度UP!アピールポイント インドア系男子の場合

大きく分けると草食系に分けられるインドア系男子。肉食男子のような積極性や男らしさがみなぎっていることはなく、女性や子どもにも優しくて、誰もが一度は「好きなタイプ」として選んだことがあるのではないでしょうか。しかし優しいからといってすぐに恋愛に発展するということはないインドア系男子について、特徴やアプローチ方法などをご紹介します。

インドア系男子の特徴

クリエイティブで知的なイメージで、特技をひけらかさないスマートな品の良さが魅力のインドア系男子。
一見地味で目立たない雰囲気ですが、その賢そうな雰囲気と穏やかながらも話題が幅広かったり、センスが良かったりするところに女性は惹かれるのです。
そんなインドア系男子は失敗を恐れて自分からガツガツ女性を誘うことはありません。プライドがないわけではありませんが、女性をリードするというより一緒に歩いていきたいという方が多く、一緒に趣味を楽しめる人、インドアなデートを楽しめる人と気づいたら付き合っていた、ということが多いようです。

インドア系男子が好きな女性のタイプ

同じ趣味で話が会う人がインドア系男子が好きな女性のタイプです。無理難題を言ったり、一般的な男性のイメージや他の人と比べたりせず、インドア系男子のマイペース具合に合わせてくれる女性と一緒にいることを好みます。男らしさを求められても困るので、リードしてほしい、男らしくしてほしい、頼り甲斐がほしいと思われるよりは、一緒に楽しいことを共有できる、一緒に歩調を合わせて同じ目線でものを見られる女性と相性が良いでしょう。
外へ優しく誘い出してくれる女性は受け入れられますが、肉食系や体育会系の女性は自分の趣味の世界を脅かす存在としてしか見てもらえません。

女性からのインドア系男子へのアプローチ方法

■友達になろうとする
基本的にフレンドリーに接する人には好意をもってくれるインドア系男子。異業種交流パーティーでは目があったら笑顔で挨拶するなどわかりやすく好意のサインを出しましょう。迷惑かもだなんて遠慮せず、こちらからLINEやメールドレスなど連絡先を交換してまずは友達から、とゆっくりはじめましょう。

■デートの誘いは女性から
インドア系男子からデートに誘われることは、よほどのことがなければないと思っておきましょう。もしお相手が婚活パーティーにお友達と来ている場合、まずはグループで遊びに行ってもいいですし、マイペースな印象がある場合は、異業種交流パーティーで話題になった映画を見に行くなどでも誘いやすいです。好意があることが伝わります。

■趣味に合わせる
プロフィールカードやパーティー中の会話でわかったお相手の趣味や好きなことを、自分も好きであることをアピールします。趣味を大事にしている女性を好ましく思うので、仲間であることを意識してもらいます。知識は浅くてもOK。「教えて欲しい」「もっと知りたい」というスタンスでいれば、お相手から話題を提供してくれるでしょう。一生懸命聞いて、さらに好意をアピールします。

■彼がリラックスしているときにアプローチ
どちらかというと女性に苦手意識を守っているインドア系男子。なんでもネットで済ませようとするのでコミュニケーションも苦手でしょう。まずはコミュニケーション能力を磨きましょう。

インドア系男子から女性へのアプローチ方法

どちらかというと女性に苦手意識を守っているインドア系男子。なんでもネットで済ませようとするのでコミュニケーションも苦手でしょう。まずはコミュニケーション能力を磨きましょう。

■聞き上手になる
知識が広いとはいえ、やはり自分の趣味の話はどんどん話してしまう傾向にあるでしょう。自分の話は一生懸命話すのに、女性の話を興味がなさそうに聞いていませんか?男性女性のラインを日数に同じ目線でものを見ることができるインドア系男子の特徴を活かして、女性の話を興味深そうに相槌を交えて聞きましょう。女性は気持ちよく話をさせてくれた男性に好意を抱きます。

■趣味以外の話題をもつ
女性が興味をもちにくい趣味の話ばかりしていると、デートに誘って欲しくてもなかなか誘ってもらえません。女性が興味をもっている場所や好きなものを手に入れるために「一緒に行きたい」「詳しく教えて欲しい」など女性の趣味に興味があることを伝えて話題にしましょう。趣味が同じだとわかると女性もデートに誘いやすいやすいですよ。

■体力をつける
異業種交流パーティーで出会った女性とカップルになり、距離を縮めるには外にでなければいけません。おうちでまったりデートも良いですが、外に出るのが「おっくう」「だるい」「面倒」などと言っていては女性に距離を置かれてしまいます。ムキムキになる必要はありませんが、健康のためにも一般的な女性よりは体力をつけるようにしましょう。