異業種交流パーティー、異業種交流会のエクシオ倶楽部

異業種交流パーティーお役立ち情報 男性編

名刺交換術

異業種交流パーティー等にご参加した際に、恥ずかしくない名刺の渡し方についてご紹介致します。名刺交換方法にも、色々なルールがあります。名刺交換時のマナー・交換後の対応について詳しくご説明させて頂きます。

まずは基本!正しい名刺交換の仕方

1対1の名刺交換の仕方

・名刺はお相手が読みやすいように、お相手に向けて差し出します。

・名刺を持つ手は文字に指がかからないようにしましょう。

・会釈をしながら「○○○○の山本タロウと申します」と言いながら、名刺を先方に差し出します。

・お相手の名前の漢字が読めなかった場合、名刺交換の際に読み方を確認しておきましょう。

・名刺交換の後は必ず「よろしくお願い致します」と挨拶するようにしましょう。

同時に差し出した場合の名刺交換の仕方

両方も同時に名刺を差し出した場合、
お相手があなたの名刺に指をかけたら、あなたも左手だけをはずします。あなたの名刺は右手だけで相手に渡す形になります。

その後、はずした左手で、すぐにお相手の名刺を受け取ります。
この時、指先を揃えて伸ばすようにしましょう。

お相手が両手で受け取ったら、あなたも右手を自分の名刺からはずし、お相手の名刺を「頂戴します」といって両手で受け取ります。
指先はそろえて伸ばすようにすると、美しく見えるだけでなく、お相手に対する敬意を表わせます。

このときに、「○○○○様ですね。よろしくお願い致します」と、お相手の名前を確認しましょう。

お相手の名刺を先に受け取った場合の交換の仕方

「遅れまして申し訳ございません」「申し遅れました」と、一言断ってから、すぐに名刺を差し出しましょう。中指と薬指の間にお相手の名刺を挟み、自分の名刺はお相手の方に向けて両手の親指と人指し指で重ねて持ち、お相手に自分の名刺を渡します。

名刺交換後、気をつけたいポイント

名刺は、パーティーや仕事上で出会った人に、自分を紹介する大切なツール、いわばあなたの分身です。
また、名刺は自分を紹介するものであると共に、会社を紹介するものでもあります。
その為、名刺は丁重に扱わなくてはいけません。ビジネスのシーンではセンスが良くてシンプルなもの、パーティーでは少しラメやスパンコールが付いた華やかな名刺入れを用意して、それにきちんと収めるようにし、汚れたり折れ曲がったりする事がないよう、大切に保管するようにしましょう。
名刺は常に枚数をチェックし、大事なシーンで名刺切れ…とならないように注意して下さい。
また、名刺交換の後、以下のような事をしないように気を付けて下さい。

  • 1.パーティーで頂いた名刺を落とす、なくす
  • 2.名刺の上にコーヒー等の飲み物や食べ物をこぼして汚す
  • 3.お相手の方がまだいるのに名刺に書き込みをする
  • 4.お相手の方から貰った大切な名刺を折り曲げる
  • 5.頂いた名刺を触りながら話をする
  • 6.ズボンやスーツのポケットの中にしまう
  • 7.お相手から貰った名刺の上に、何か荷物や書類等を置く

上記が名刺交換の後にしてはいけないタブーになります。こういう事をしてしまうと、せっかくご挨拶してあなたの事を好印象と思っていたお相手でも「やっぱり今後の付き合いはやめておこう」「こういう事をする人は信用出来ないし取引したくない」と思われてしまい、せっかくのチャンスを台無しにしてしまう事になります。

名刺にひと工夫して、印象UP!

お手持ちの名刺にひと工夫して、よりお相手にあなたの事を印象づける方法についてご紹介します。
あなたの名刺について興味を持って頂ける方法は、あなた自身の趣味・特技・座右の銘・出身等、ご自身のプロフィールやデータを名刺の裏に記入しておくと、パーティーで名刺交換をして頂いたお相手の方と会話が弾み、和やかなムードになるかもしれません。

他には、あなたの顔写真付きの名刺を作る事も非常に効果的です。パーティー中では沢山の方とご挨拶しますので、後から「どんな人だったか思い出せない…」という事はよくあります。しかし、名刺に顔写真があればこの問題は簡単に解決します。使用する顔写真は、証明写真のようなものではなく、やや微笑んだ顔写真の方が印象が良いでしょう。
顔写真を載せるのはちょっと…という方は、似顔絵でも良いかと思います。似てる、似ていないかで、お相手との楽しいお話のきっかけになるかもしれません。
ご自身で名刺を作成出来る方は、ぜひ顔写真付の名刺を作成されてはいかがでしょうか?

また、名刺を渡した後のフォローについてですが、異業種交流会やパーティーが終わった後、e-mailで成るべくその日の内にお相手の方にご挨拶させて頂いたお礼をする事で、お相手の方により好印象を残す事が出来るでしょう。

異業種交流会やパーティーでは沢山の方と挨拶する機会がありますので、ここで基本のビジネスマナーをしっかり学び、それを実践する場としても活用頂いて、自信を持って仕事に挑めるようになって頂ければと思います。