異業種交流パーティー、異業種交流会のエクシオ倶楽部

異業種交流パーティーお役立ち情報

パーティーでの印象UP術 vol.2

異業種交流パーティーで印象をUPさせるコツの第2弾です。
異業種交流パーティーでは、好印象を持ってもらうことが出会いにつながる、人脈を広げる、といった次のチャンスに繋がりますから、マナーを守った立ち居振る舞いをするのと同時に、好印象を与えるためのちょっとしたコツも身に付けましょう。

パーティー開始前も気を抜かない

異業種交流パーティーの受付は、開始時刻の15分前から始まります。
受付を済ませたらプロフィールカードを記入するという作業があるので、異業種交流パーティーの開始時刻を目安に会場に行くのではなく、受付が開始される時間を目安に会場に着くようにしましょう。
受付をしている姿やプロフィールカードに記入している姿などは、他の参加者にも見られていますから、しっかりと背筋を伸ばし、周りに良い印象を与えるように心がけましょう。
ここでの印象が悪いと、後で気になる相手にアプローチしても失敗してしまう可能性が高くなります。

名刺はすぐに渡せるようにしておく

異業種交流パーティーでは、受付で渡されるプロフィールカードを使って自己紹介をしますが、気になる相手には連絡先が記載してある名刺を渡し、印象付けるのもおすすめです。ビジネスで使っている名刺でも良いですし、異業種交流パーティー用に作った名刺でも良いでしょう。異業種交流パーティー用の名刺は、普段ビジネスで使っている名刺が地味で堅苦しいと感じる場合や、より自分らしさをアピールしたい場合に役に立ちます。
名刺を渡すときは、すぐに渡せる状態にしておきましょう。もたもたしていると会話の時間がもったいないだけでなく、相手に「手際が悪い人」という印象を与えてしまいます。また、異性全員に名刺を渡すのもあまり印象が良くありません。異業種交流パーティー中の立ち居振る舞いは、意外と見られているものですので、色々な人に名刺を渡していると、人脈を広げるうえで悪印象にもなりかねません。加えて、興味のない方に名刺を渡すというのも失礼です。気になる方にだけ渡すようにしましょう。

会場周辺を下調べしておく

異業種交流パーティーが終わった後、仲良くなった方と近くのお店で軽くお茶を飲んだりできるように、会場周辺のお店を事前に下調べしておくと良いでしょう。雰囲気の良いゆったりできるお店があれば、異業種交流パーティーでは話し切れなかったことを話すことができます。
異業種交流パーティーでの出会いは、会場内だけで終わってしまってはつまらないですから、気になる方とはどんどん交流の機会を設けるようにして、出会いや人脈の幅を広げましょう。異業種交流パーティー終了後にお店選びで手間取ると、相手に悪印象を与えてしまいますので、事前に下調べをしておくということは大切なことなのです。

プロフィールカードや名刺を活用する

トークタイムの時は、プロフィールカードを活用して会話を広げましょう。異業種交流パーティーでは、名刺の交換も可能ですので、プロフィールカードのほかに名刺も見ながらトークをするのがおすすめです。プロフィールカードや名刺には、相手がどんな人なのかを知ることが出来る情報が沢山記載されています。これを活用しないのはもったいないことでしょう。

プロフィールカードや名刺に記載されていることをもとに、相手に質問をしたりしながら、会話を広げてみて下さい。相手は「自分に興味を持ってもらっている」と感じ、印象に残りやすくなります。加えて、「あなたに興味があります」というアプローチにも繋がります。

是非!異業種交流パーティーへ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓